産地より、旬の野菜・果物の美味しさを届けます

目利き情報 秋

旬の果物の見分け方(梨・ぶどう)

秋は果物の季節です。
夏の間に太陽の光をたくさん浴びた果物たちが、
その実の中に豊富な栄養と甘味を湛えてお店に並べられています。
ここでは秋が旬の果物、おいしい梨とぶどうの見分け方をお教えします。

おいしい梨の特徴

①お尻部分がどっしりしているもの
梨で美味しい部分は、皮の近くと果実の底部にあたる部分といわれています。
このお尻の部分がふっくらとして張りがあり、持ってみて重いものはおいしいと言えます。

②表面がザラザラより、ツルツルしたもの
表面がザラザラしたものは熟度があまり高くなく、より熟したものは表面が
ツルツルしています。

③表面にある点々の間隔が広いもの
表面にある点は、水分が蒸発する穴です。この穴が多いと水分がそれだけ多く
蒸発していると考えられるので、点々の数が少ない(間隔が広い)もののほうが
美味しいと思われます。

④果皮の色がより濃いもの
梨には大きく分けて赤梨と青梨があります。赤梨の代表的な品種では豊水梨、新高梨などで、
果皮が茶色で糖度が高いのが特徴です。他方青梨の代表は二十世紀梨で、赤梨よりも
酸味があり、水分豊富でシャリシャリとした食感が特徴です。
赤梨では色の濃いもの、青梨では少し黄味がかった黄緑色のものが良いでしょう。

 

おいしいぶどうの特徴

①粒と粒の間隔が少しあいているもの 
どちらかといえば粒同士がぎっちりと密着しているものを選びがちですが、日当たりが悪くなってしまいます。
その点、粒同士の間隔が少しあいているほうが陽光をより多く浴びて美味しくなりやすいです。

②軸が太くて青いもの
軸の太いぶどうは、健康に育ったことの証拠です。また、軸の色が茶色いものは収穫後
時間がたったことを示しています。なるだけ軸の青いものを選びましょう。

③実に白い粉がついているもの
ブルーム(果粉)と言われるこの白い粉は、ぶどうの病気を予防したり鮮度を保つ働きが
あります。ですので、ブルームの出ているものは新鮮と言えます。

④果皮に張りがあり、色の濃いもの
色の濃いものはよく日に当たったことを表しています。また、皮に張りのあるものは水分が多く
新鮮といえるでしょう。欲を言えば、房についている粒の大きさが均等なものがベターです。

お気軽にお問い合わせください TEL 082-822-8885 受付時間 午前8:00~午後4:00 [ 水・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社青果物配給センター All Rights Reserved.