産地より、旬の野菜・果物の美味しさを届けます

目利き情報 冬

旬の果物の見分け方(みかん・りんご)

冬の代表的な果物といえば、みかんですね。こたつに入ってテレビを見ながら
手がみかん色になるまで何個も食べていたことを思い出します。
今回は美味しいみかんと、冬の時季に食べ頃を迎えるりんごの見分け方をお教えします。

おいしいみかんの特徴

①扁平な形で色の濃いもの
みかんは、甲高(背の高い)のものよりも扁平な形をしたもので、赤みの濃いものを選びます。
また、表面が細かくデコボコしていて菊の花のような形をしているものは美味しいと言われています。
表面のデコボコは畑の水分不足が原因でできると言われており、甘いみかんが出来やすいのです

②へたの切り口が小さいもの
みかんは、細い枝になっている実がよいと言われています。それは、水分よりも
養分をおおく取り込むためで、細い枝に下がっていた実はより濃厚は味がします。

③お肌のキメが細かいもの
みかんの表面は小さなブツブツに覆われています。これが多くキメが細かいものを選ぶと
よいでしょう。こういった実は枝の先の方で糖分をたっぷり取り込んだものが多いです。
触った感じもゴワゴワしていなくて、肌触りのよいものを選ぶと良いでしょう。

④皮が浮いていない、重たいもの
皮が浮いた実は味もボケていて美味しくありません。
皮が薄くて実がギュッと締まっているもの、手に持って重さのあるものがよいでしょう。

おいしいリンゴの特徴

①表面にデコボコがあるもの
美味しいりんごは、特に肩(つるの周辺の部分)がデコボコになっています。
このデコボコが完熟の印で、表面がつるつるのものよりも糖度が高いとされています。

②おしりに丸みがあって黄色いもの 
りんごのお尻の部分に丸みのあるもので、黄色く色付いているものもおいしいと言われています。
逆に、お尻の部分が緑がかっていたり、スラリと細くなっているものは未熟のものが多いです。

③つるわれりんご
つるが生えている部分の皮が裂けているものがあります。これも熟したりんごの証拠で、
つるわれを直そうとして、実に栄養分を蓄えようとします。

「一日一個のりんごは医者を遠ざける」という言葉もあり、毎日食べていれば病気を予防できるとされるりんご。
皮と実の間に栄養が最も詰まっていますので、できれば皮を剥かずに丸かじりはいかがでしょうか。

お気軽にお問い合わせください TEL 082-822-8885 受付時間 午前8:00~午後4:00 [ 水・日・祝日除く ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社青果物配給センター All Rights Reserved.